オンラインカジノ攻略infoは様々な投資法におけるオンラインカジノ必勝法オンラインカジノ攻略法をお届けします

オンラインカジノ攻略infoへようこそ

オンラインカジノ攻略法情報

一般的な攻略法

その他の攻略法

10ベット法(非公開) 

その他の攻略法U

 攻略法(1)
 攻略法(2) 
 攻略法(3) 

オンラインカジノ利用ガイド

初めての方はこちらら

    か違法か
 ダウンロ-ド〜インスト-ル
 口座の開設
  ・練習モード
  ・本番モード
 口座への入金方法
  ・電信送金

<一般的な攻略法>

1.マーチンゲール法

この方法は確率が2分の1で支払いが2倍の勝負で必勝するには、賭け額を負けたときの2倍かけていけば必ず勝つことになります。
例えば$1賭けて外れたら、次は2倍の$2を賭けます。また外れたら、$2の2倍の$4を賭けます。
勝った時は$1プラスになりますから、また最初に戻って$1賭けます。負けた時のみ倍にしていきます。

下記の例は6回連続外れて7回目に的中した収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$1
$2
$4
$8
$16
$32
$64
トータル収支
-$1
-$3
-$7
-$15
-$31
-$63
+$1

連続で何回外れても1回的中すれば必ず収支はプラスになります。



2.逆マーチンゲール法

これは小額の資本を一気に大きく増やす方法です。
マーチンゲールの逆で勝った時に勝ち額のすべてを次のゲームにつぎ込みます。
2倍の勝負では、単純に$1から始めて10連勝すれば$1024になります。

下記の例は7連勝した収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$1
$2
$4
$8
$16
$32
$64
トータル収支
+$1
+$3
+$7
+$15
+$31
+$63
+$127

負けた時は最初の$1しか損をしていないことになります。



3.ココモ法

マーチンゲール法の変形で配当が3倍以上のゲームに有効です。

まず初期投資額を$1とします。
負けた場合は、2回目にもう一度$1を賭けます。3回目からは、前回と前々回の賭け金を足して賭けていきます。
つまり3回目は$1+$1で$2、4回目は$1+$2で$3という具合に的中するまで掛け金を増やしていきます 。
的中したら、また初期投資額の$1から始めます。

下記の例は6回連続外れて7回目に的中した収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$1
$1
$2
$3
$5
$8
$13
トータル収支
-$1
-$2
-$4
-$7
-$12
-$20
+$6

マーチンゲール同様、的中した時点で収支がプラスになります。



4.モンテカルロ法

実際に、モナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたと言われる攻略法で、一般的に3倍以上の配当のゲームに有効です。

ココモ投資法よりも更に投資額を低く抑えた投資方法ですが、1回の的中で利益が得られるものではなく、何度か的中していくうちに利益を獲得していくやり方です。

最小単位を$1として説明します。

最小単位の1倍、2倍、3倍の数字を紙に書きます。ここでは「1 2 3」となります。
この両端の数字の合計1+3=$4が初回の賭け金となります。

ここで的中しなかった場合、2回目は「1 2 3 4」と、4倍の4を加え、賭け金は、両端の数字1+4=$5が賭け金となります。

このように、的中するまで6倍、7倍、8倍と1つ大きい倍率の数字を並べていきます。

的中した時は、配列した数字の両外側からそれぞれ2個ずつ消していきます。
例えば、1倍・2倍・3倍・4倍・5倍・6倍・7倍の時に的中したら、次回は両端から2個ずつ1、2と6、7を消して、3倍・4倍・5倍の金額を配列させます。
そして先ほどと同じように、次の賭け金は、両端の数字3と5を合計した$8を賭けます。

この配列3倍・4倍・5倍で、再び的中した時は、更に両端から2個ずつ消すことになりますが、配列した数字自体が消滅しますので、この場合は、最初の1倍・2倍・3倍に戻ります。

なお、この配列3倍・4倍・5倍の時で8倍の賭け金での勝負に負けた場合は、その3倍・4倍・5倍に更に6倍を加え、次回の賭け金は9倍となります。

下記の例は7回の内4回目と7回目に的中した収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$4
(1+3)
$5
(1+4)
$6
(1+5)
$7
(1+6)
$7
(3+4)
$8
(3+5)
$9
(3+6)
トータル収支
-$4
-$9
-$15
-$1
-$8
-$16
+$2

負けが続いても賭金はそれほど増えませんが、連敗した時の損を取り返すためには負けに応じ2度 、3度と勝たなくてはなりません。



5.2in1法

これはモンテカルロ法を簡単にした手法で、2回の負けを1回で取り戻すことからこう名付けられています。

方法は簡単で、負けた金額を書いてその両端の合計金額を次に賭けます。

たとえば、最初の賭け金を$1にして負けたら「1」という数字を書きます。
次の回は同じ$1を賭けます。
次に負けたら「1 1」と書き、その合計額の$2を次のゲームで賭けます。
そこで負けたら「1 1 2」と書いて両端の合計金額の$3を次のゲームで賭けます。勝ったら左端と右端の数字を消します。

この方法は配当が2倍以上のゲームに有効です。



6.テンパーセント法

この方法は名前の通り、手持ち資金の10パーセントを賭けるという簡単なものです。簡単ですが実に効果的な手法でもあります。

例えば配当が2倍のゲームを当初の資金を$100から始めたとしましょう。
最初に賭けるのは$100の10パーセントの$10です。それで勝てば資金は$110になるので、次に賭けるのは$11です。
もし負けたなら資金は$90になるで9ドルを賭けます。

この方法の良い点はツキがのって勝てる時は資金の増加ペースが増えて、逆に調子の悪い時は資金の減少ペースが遅くなることです。
連続4回勝った時に資金は$47増えて、連続4回負けた時に資金は$36減ることになります。およそ4:3で勝ちの方が有利という訳です。



7.ピラミッド法

勝ちも負けも連続することを前提とした攻略法で、勝った時は賭金を1減し、負けた時は賭金を1増やすという賭け方をします。
仮に10回負けても累計-$55ですみますが、1回では取り返せません。その後、7連勝すれば+$56ドルで1ドルの儲けになります。
3連敗→2連勝→4連敗→3連勝のように連敗、連勝する度に±1していきます。
長い目で見れば確率が収束するであろう、という根拠に基づいています。
意外と安定した方法のようです。

下記の例は4連敗の後、3連勝の収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$1
$2
$3
$4
$5
$4
$3
トータル収支
-$1
-$3
-$6
-$10
-$5
-$1
+$2



8.グッドマン法(1235法)

この方法は、勝った時に賭け金を1倍、2倍、3倍、5倍、5倍、5倍…と増やします。
逆マーチンゲール法のような大きな儲けは期待できませんが、それなりの儲けをしっかり残すことができます。

配当が2倍、最初の賭け金を$1で説明します。

下記の例は1回目と7回目に外れた収支です。
回数
1
2
3
4
5
6
7
賭け金
$1
$1
$2
$3
$5
$5
$5
トータル収支
-$1
0
+$2
+$5
+$10
+$15
+$10

掛け金を上げたい時は全体の倍率に均等に数字を掛けます。


HOME

 おすすめオンラインカジノ

管理人イチオシ!のカジノ
その訳はこちら
カジノオンネット
カジノオンネット
4年連続ベストオンライン
カジノ賞受賞決定!
インターカジノ
インターカジノ
サポート・信頼性文句なし
世界No1!
キングネプチューンカジノ
キングネプチューンカジノ
あらゆる点で及第点!安心してプレイできます

プラチナムスロット
日本人で最高賞金額を獲得したカジノ!約1億円!
クラブダイスカジノ
クラブダイスカジノ
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright (C)2004 オンラインカジノ攻略info All Rights Reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO